snovaのブログ

プログラミングとか、日常のこととか、アウトプットしたほうがよいと聞いたので

FlutterでシンプルなTo Do Listアプリを作った



【スポンサーリンク】



イントロダクション

Flutterの練習です。 今回はTo Do Listアプリを開発しました。

目次

初期化

こちらの記事に記載しています。

www.snova301.work

vscodeを使う場合は、command + shift + pFlutter: New Projectをします。

ToDoListの本体

Stateless Widgetを定義します。

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      title: 'to do list with Flutter',
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blueGrey,
      ),
      home: ToDoWidget(title: 'to do list with Flutter'),
    );
  }
}

class ToDoWidget extends StatefulWidget {
  ToDoWidget({Key key, this.title}) : super(key: key);
  final String title;

  @override
  _ToDoWidgetState createState() => _ToDoWidgetState();
}

To Do Listの本体部分を作成します。 buildウィジェットで枠を作ります。 このとき、実際にリスト作成する部分は_buildTodoListに書くようにします。

To Doの追加は_pushAddTodoScreenで行います。 追加アイコンはマテリアルアイコンを使用しました。

class _ToDoWidgetState extends State<ToDoWidget> {

  List<String> _todoItems = [];

  Widget build(BuildContext context) {
    return new Scaffold(
      appBar: new AppBar(
        title: new Text('To do list')
      ),
      
      body: _buildTodoList(),
      floatingActionButton: new FloatingActionButton(
        onPressed: _pushAddTodoScreen,
        tooltip: 'Add task',
        child: new Icon(Icons.add)
      ),
    );
  }

To DoタスクはListViewで表示します。

各To Doタスクを追加するため、_addTodoItem_buildTodoItemでタスクを追加するウィジェットを作成します。 追加されたタスクは_todoItemsリストに追加していきます。

このとき、スワイプして削除するため、Dismissibleを使います。 また、スワイプ削除の際は文字がグレーになるよう背景色を設定します。

  Widget _buildTodoList() {
    return new ListView.builder(
      itemBuilder: (context, index) {
        if(index < _todoItems.length) {
          return _buildTodoItem(_todoItems, index);
        }
      },
    );
  }


  void _addTodoItem(String task) {
    if(task.length > 0) {
      setState(() => _todoItems.add(task));
    }
  }


  Widget _buildTodoItem(_todoItems, index) {
    String todoText = _todoItems[index];

    return Dismissible(
      key: Key(todoText),

      onDismissed: (direction) {
        setState(() {
          _todoItems.removeAt(index);
        });
      },
      background: Container(color: Colors.grey),

      child: Card(
        child: Column(
          mainAxisSize: MainAxisSize.min,
          children: <Widget>[
            new ListTile(
              leading: Icon(Icons.check_circle_outline),
              title: new Text(todoText),
              onTap: (){},
            ),
          ]
        ),
      ),
    );
  }

タスク追加テキストについてです。 タスク追加ボタンを押すとテキストエリアが表示され、タスクを書き込めるようにしています。

  void _pushAddTodoScreen() {
    Navigator.of(context).push(
      new MaterialPageRoute(
        builder: (context) {
          return new Scaffold(
            appBar: new AppBar(
              title: new Text('Add a new task')
            ),

            body: new TextField(
              autofocus: true,
              onSubmitted: (val) {
                _addTodoItem(val);
                Navigator.pop(context);
              },
              decoration: new InputDecoration(
                hintText: 'What is next task?',
                contentPadding: const EdgeInsets.all(16.0)
              ),
            )
          );
        }
      )
    );
  }
}

コード全体

gistで共有します。

ToDoList app

githubでも共有します。

github.com

結果

タスク画面

追加画面

削除後画面

まとめ

FlutterでTo Do Listを作成しました。 設定もできず、保存もできない酷いアプリですが、かんたんに作ることができました。 (さすがに、もう少しまともに動かせるように改良します。)

次回もFlutterで簡単なアプリを作りたいと思います。

参考サイト