snovaのブログ

プログラミングとか、日常のこととか、アウトプットしたほうがよいと聞いたので

Google Home Miniが届きました



【スポンサーリンク】



イントロダクション

オンラインでデータを保存するため、Google Oneに登録しているのですが、Googleさんが「ささやかなプレゼント」ととして、Google Home Miniのクーポンをくれました。 今回はGoogle Home Miniのレビューをします。

目次

Google Home Miniとは

Googleが開発しているスマートスピーカーです。 競合製品にAmazonのEchoLINEのCloverがあります。

Google Homeシリーズには、音声入力、音声出力のみのGoogle HomeGoogle Home Miniとタッチパネルが付いているGoogle Next Hubがあります。 Google HomeとGoogle Home Miniの違いは、スピーカーの大きさ等のみで、できることは同じです。

基本的には、使い方はAndroid端末に搭載されているGoogleアシスタントと同じで、例えば今日の天気は?といえば音声で答えが来ます。

その他のできることはこちらの記事を参考にしてください。

開封まで

ある日、Googleから「ささやかなプレゼントを送ります」とメールが来ました。 正直、信用出来なかったですが、調べてみると本物のようなので、会社帰りの電車の中で注文しました。

海外から発送されるようで、届くまでに1週間弱かかりました。

さて、届いたのでいざ開封。

外見は非常にシンプルで、本体には電源ケーブル用の穴とマイクオフスイッチしかありません。 イヤホンジャックがないので、自宅のスピーカーには直接接続できないです。

起動

起動すると中央のLEDが光ります。

セットアップはGoogle Homeアプリで行います。

画面の指示に従って進めていくと、セットアップが完了します。

セットアップが終わり、実際に使ってみて感じたことは、音声入力の精度が高くなっていることです。 普段会話している声の大きさ、スピードで話しかけても認識します。 すでに世の中はこんなにも進んでいるのだと実感しました。

ちなみに、私はSpotifyユーザなので、Google Homeでのデフォルト音楽アプリをSpotifyにしています。 ですので、音楽を再生してというと自動的にSpotifyで音楽を再生してくれます。

IFTTTを使った応用

IFTTTを使って、オリジナルの音声コマンドを作ります。

基本的な流れは以下の通り。

  1. IFTTTを開く(登録していない場合は登録)
  2. New Appletで新しいアプレットを作成
  3. thisの項目(トリガー)でGoogle Assistantを選択(Coonectしていない場合はアカウント認証)
  4. 画面の指示に従って音声コマンドを決める
  5. thatの項目(アクション)で任意のサービスを選択
  6. 画面の指示に従ってしたいことを

例として、Google Homeにこれはテストですと言ったら、テストですね、いいですよと言わせて、LINEにこれはテストです。とメッセージを送るアプレットを作ります。

New Appletで新規作成し、トリガーにGoogle Assistantを選択したら、Say a simple phraseを選択します。

以下のように、音声コマンドを設定します。 この場合、これはテストですこれはテストテストのいずれの場合でも、反応します。 そして、返答はテストですね、いいですよです。

アクションはLINEを選択し、Send messageを選びます。

以下のように、メッセージの内容を選択します。

これで完成です。 実際にOK, Googleと話しかけて、これはテストですと言うと、LINEにメッセージが届きます。

なお、自分で作成せずとも、他人が作ったものも使用できます。

2019年07月はじめ時点での注意事項です。 Google Assistantはトリガーにないため、アクションすることはできません。 また、LINEに届くメッセージはLINE Notifyというユーザから届き、[IFTTT]という文字列がメッセージに含まれます。

まとめ

Google Home Miniでは音声を使って音楽を再生したり、検索をすることができます。 また、IFTTTと連携することで、プログラミングすることなく音声コマンドとそのときのアクションを決めることができます。 正直Google Homeがなくても特に困りませんが、地味に便利なので余裕があるなら購入をおすすめします。