snovaのブログ

プログラミングとか、日常のこととか、アウトプットしたほうがよいと聞いたので

iPad Pro(2018)とApple Pencilを買ってNotabilityとDuet Displayを入れました



【スポンサーリンク】



イントロダクション

以前、ペンタブ使ってノートを電子化しようと試みた記事を書きました。

snova301.hatenablog.com

正直、使いづらく段々と紙のノートに戻りつつありました。しかし、最近iPad Pro (2018)の11インチ256GBを買ったので、これを機にiPadでノートを電子化することにしました。

目次

iPad Proを購入した

前々から狙っていましたが、とうとう決心がついたので家電量販店に行きました。 新しく出たiPad Airでもいいかなとか思っていましたが、実際に触ってみてProにしようと決めました。

買ったものはこちら。

開封

周辺機器もいくつか買ったのですが、保護フィルムとケースはおすすめです。

ノートアプリNotability

ノートアプリはGoodnoteNoteshelfなどが有名ですが、評価やMacでも使えること(使わないかもしれないけど)などを考慮してNotabilityにしました。

必要な機能はすべて揃っています。 個人的には書類スキャン的な機能があればいいなと思います。

第2世代Apple Pencil

第2世代apple pencilはマグネットで充電できるのですが、コードが不要でペンの置き場所に困らないという点で非常に便利です。 iPad Air(2018)は第1世代のpencilだったので、Proを買って正解でした。

保護フィルムとケースについて

保護フィルムがない状態だとpencilで書きにくかったので、保護フィルムを買いました。 店員さんがガラスフィルムは反応が悪くなるから他のがいいと言うので、比較的表面に粗さがあってガラスフィルムではない保護フィルムを買いました。 紙のようで非常に書きやすく、満足しております。 ケースはマグネット充電の良さを活かせるように、ペンを収納できるタイプを買いました。

Duet Display

Duet DisplayMacの画面をiPadで拡張する有料ツールです。 maciPadをつなぐケーブルがあれば、iPadをサブディスプレイとして使うことができます。

始め方: App storeからアプリ購入→PC版ソフトウエアインストール→再起動→セキュリティ設定のアクセシビリティ設定

使い方 : maciPadをケーブルで接続→どちらのアプリも起動

詳しい使い方は、こちらを参考にしてください。

まとめ

iPad Pro(2018)と第2世代Apple Pencilを購入しました。 ホントはエレコムのキーボードも買ったのですが、初期不良で交換しているところなので、今回は記事にはしていません。 ハードがだんだん揃ってきたので、これからはプログラムを作って行きます。